本文へスキップ



ASSOCIAÇÃO CIVIL DE DIVULGAÇÃO CULTURAL E EDUCACIONAL JAPONESA DO RIO DE JANEIRO

お問い合わせはTEL:+55-21-2273-6799
Email:scdcej@nethall.com.br


オリパラ体験記・観戦記など

 ここでは、オリンピック・パラリンピックに向けた見学や試合観戦の様子、児童生徒の感想などを中心に紹介します。

平成28年9月8日(木)車いすバスケットボール試合観戦

学校みんなでパラリンピック車いすバスケットボール第1戦、日本対トルコの試合観戦です。 車いす同士の激しいぶつかり合いに驚くとともに、得点を決めるたびに大きな歓声が会場に響き渡りました 残念ながら試合は負けてしまいましたが、日本選手たちへの熱い応援はきっと届いたと思います。

平成28年9月2日(金)パラリンピック選手村訪問

パラリンピック選手村の入村式に招待していただきました。 選手36名をはじめとした選手団のみなさんとの記念撮影。 車いす卓球の別所キミヱ選手と。コルココールを披露しました。
車いすバスケットボールの藤本怜央選手と土子大輔選手と遭遇。学校みんなで応援しにいきます!  選手村の一室からの眺め。部屋はバリアフリー設計になっていました。
 
選手村内のオリンピックモニュメントの前で。貴重な体験ができた一日でした。 

平成28年9月1日(木)選手の皆さんへのメッセージボード完成

パラリンピック選手への応援メッセージを作成しました。目の不自由な方への点字メッセージを作成中。 132名の選手へのメッセージを一枚ずつ丁寧に貼り合わせ、「絆」の文字が完成しました。
応援メッセージは選手村入村式に参加した際に、直接お渡しすることができました。

平成28年8月25日(木) 横断幕の引き渡し会

 独立行政法人日本スポーツ振興センターのご協力のもと、オリンピック・パラリンピックの応援用に作成した横断幕をパラリンピック選手の練習施設に掲示していただけることになりました。担当の方より、パラリンピック選手の支援や競技に向けての練習施設設置の重要性をお話しいただきました。選手の皆さんにぜひ見ていただき、競技当日に向けての練習、そして本番も「100%完全燃焼」ができるよう、応援していきたいと思います。


平成28年8月14日(日) 日本選手歓迎慰労レセプション

 マラソンスポンサー企業はじめ、在リオデジャネイロ日本国総領事館やJOCのご協力のもと、日本人学校児童生徒をオリンピック日本選手歓迎慰労レセプションに招待していただきました。レセプションでは橋本聖子団長や競泳女子200m平泳ぎ金メダリスト金藤理絵選手、男子400m個人メドレー銅メダリスト瀬戸大也選手をはじめ、多くの選手の方々と出会うことでできました。お祝いの言葉をかけたりメダルを持たせていただいたりと貴重な体験をすることができました。また、その様子をメディアの方々にも紹介していただきました。
ANN:https://www.aab-tv.co.jp/news/ann_shownews.php?id=000081393&cat=4
FNN:http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00333348.html
共同通信:https://www.youtube.com/embed/mL8bRex0Avs?rel=0

平成28年8月3日(水) 朝日小学生新聞に掲載

 オリンピックを目前に控えた街の様子や学校の取り組みの様子が、8月3日付の朝日小学生新聞に掲載されました。応援メッセージを選手団に届け、大舞台で選手の皆さんが活躍できるよう、応援していきたいと思います。


平成28年8月1日(月) オリンピック選手団空港出迎え

 日本選手団本隊が1日朝、リオデジャネイロに到着し、学校を代表して校長が山下泰裕副団長をはじめとする関係者・選手を出迎え、子ども達が作成したメッセージボードを手渡すことができました。メッセージボードは早速、日本選手村に飾っていただき、選手の方からもお礼のメッセージが届きました。



平成28年7月31日(日) 朝日中高生新聞に掲載

 本校中学部の生徒がオリンピック・パラリンピックについて書いた記事が、7月31日付けの朝日中高生新聞の一面に掲載されました。学校での取り組みのほか、街の様子や交通開発、経済問題など様々な視点から南米初のオリンピック・パラリンピックを考えました。




平成28年7月28日(木) メッセージ・ガイドマップ完成!!

 横断幕「みせろ根性!完全燃焼!~みんなの思いを力にかえて~」
会場での応援の時に使用したり練習施設へ掲示していただいたりする予定です。

選手一人一人への応援メッセージ!
出場選手335名(平成28年7月28日現在)全員に書いたメッセージボードが完成しました。

モザイクアートも完成。
日本選手団に向けたメッセージを写真に撮り、1000枚の写真を1枚ずつ貼り付け、コルコバードのキリスト像の絵が完成しました。
児童生徒作成ガイドマップのダウンロードはこちらから。→ダウンロード【PDF形式】
     (A4両面コピーの上、4つ折りでご活用ください。)


平成28年7月24日 日本テレビにて紹介

 日本テレビのニュースにて本校の取り組みが紹介されました。コルココールの応援やメッセージ作成の様子が放映されました。また、「世界で活躍できるほどの実力の浅野琢磨選手(男子サッカー)に、少しでも僕の応援したいという気持ちをつたえられればなと思いメッセージを書いた。」(中学2年生)というインタビューも紹介されました。
↓こちらからご覧いただくことができます。(期間限定)
http://www.news24.jp/sp/articles/2016/07/24/10336132.html

平成28年7月23日 読売新聞にて紹介

 オリジナル応援コールのコルココール、日本選手全335名へのメッセージ作り、モザイクアート作成の様子が読売新聞に掲載されました。
 「自分が住んでいるリオで五輪が行われるのがうれしい。頑張ってほしい選手への思いを込めました。」(中学2年生)というコメントも紹介されました。




平成28年7月20日 日本経済新聞にて紹介

 日本選手への応援メッセージ作成の様子、応援コールの様子などが日本経済新聞にて紹介されました。オリンピック開幕まであと2週間。選手一人一人への応援メッセージが届けられるよう、頑張っています!!
 女子バレーボールの長岡選手へ「長岡選手と同じ左利き。長岡選手みたいに点数をたくさん入れられるようになりたい。」(小学6年生)というメッセージも紹介されました。


平成28年7月4日 NHK「おはよう日本」にて紹介

 オリンピック・パラリンピックに向けての本校での取り組みの様子がNHK総合テレビ「おはよう日本」の中で紹介されました。応援コールを作る様子や選手団へのメッセージを書いている様子、児童生徒のインタビューなどが放映されました。「選手が喜んでくれたらいいな。」「頑張りたいと思ってくれるような応援がしたい。」という思いを、選手の皆さんに届けたいと思います。

平成28年6月8日 車いすバスケットボール体験

 JPC(日本パラリンピック委員会)および在リオデジャネイロ日本国総領事館のご協力のもと、シドニーパラリンピック車いすバスケットボール日本代表キャプテン根木慎志さんにご来校いただき、競技用車いすに乗ったりパラリンピックスポーツのボッチャを体験したりしました。また、講演では障害に対する考え方や今後の夢についてお話しいただきました。

【児童の感想から(一部抜粋)】
○根木さんが話のさい後に言った「しょうがいはみんながつくっている。だからなくせる。」ということばに、ぼくもそうだな、と思いました。(小3)
○競技者用車いすやボッチャなどの体験やお話を通じて,さらに障害のことについて深く知ることができました。また,世の中の多くの人が未だ大変な思いをしているのではないかと感じました。(中3)


平成28年5月6日 VLT見学

 オリンピックに向けて整備を進めてきた新交通システム「VLT」の見学を行いました。電線のない路面電車の運行の仕組み、料金の支払いなどを説明してもらい、運行図をもとに、新交通システムの利便性を学びました。空港やバスターミナルと各競技場へ結ぶアクセス向上が期待され、6月5日から運行されています。


平成28年3月8日 オリンピック柔道テストイベント

 オリンピック・パラリンピックのメイン会場など競技施設の見学と、柔道の試合観戦を行いました。日本からは女子52kg級前田千島選手と男子66kg級丸山城志郎選手が出場。お二人とも見事に優勝を飾りました。また、観戦後には井上康生男子監督および松本勇治女子監督とともに記念撮影も行いました。

平成27年6月18日 女子バレーボール試合観戦(日本代表VSブラジル代表)

 オリンピック会場となるマラカナンジーニョにて全日本女子バレーボールの試合を観戦しました。この日はブラジル代表と親善試合が行われました。本校からは児童生徒手作りの横断幕を飾り、ペットボトルを手に持って「にっぽん!チャチャチャ!!」の応援です。



このページの先頭へ


inserted by FC2 system