本文へスキップ



ASSOCIAÇÃO CIVIL DE DIVULGAÇÃO CULTURAL E EDUCACIONAL JAPONESA DO RIO DE JANEIRO

お問い合わせはTEL:+55-21-2273-6799
Email:scdcej@nethall.com.br


オリンピック・パラリンピックへの取り組み

南アメリカ大陸初のオリンピック・パラリンピック開催に向けて

第31回夏季オリンピックはここリオデジャネイロでの開催です。2016年8月5日~21日(オリンピック)、9月7日~18日(パラリンピック)に向けての本校での取り組みを紹介します。

オリパラガイダンス

 総合的な学習の時間の取り組みはこのガイダンスから始まります。オリンピック・パラリンピックに向けて学習してみたいことを子ども達同士で話し合い、学習の方向性を決めていきます。今年度は多くの児童生徒がオリンピック・パラリンピックスポーツの体験や競技・選手調べに興味をもちました。


応援コールを作ろう!!

 リオ日学に以前から伝わっているコルココールをアレンジして、オリンピックver.とパラリンピックver.を作成しました。クラブ活動を中心に、選手への応援メッセージを考え、パンデイロのリズムに合わせ、サンバ風に応援します。
選手の来校時や会場・沿道応援の際に披露します。


オリパラガイドマップを作ろう!!

 オリンピック・パラリンピックの競技会場について調べました。4・5年生が地図を描き、1・2年生が競技ごとに会場にシールを貼っていきました。この後、3年生が競技名を一覧にし、中学部が表紙を作って完成です。日本からのお客さんが多そうな旅行会社やお店にも置いてもらう予定です。

パラリンピアンと出会おう!!

 JPC(日本パラリンピック委員会)および在リオデジャネイロ日本国総領事館のご協力のもと、シドニーパラリンピック車いすバスケットボール日本代表キャプテン根木慎志さんにご来校いただき、競技用車いすに乗ったりパラリンピックスポーツのボッチャを体験したりしました。また、講演では障害に対する考え方や今後の夢についてお話しいただきました。

【児童の感想から(一部抜粋)】
○根木さんが話のさい後に言った「しょうがいはみんながつくっている。だからなくせる。」ということばに、ぼくもそうだな、と思いました。(小3)
○競技者用車いすやボッチャなどの体験やお話を通じて,さらに障害のことについて深く知ることができました。また,世の中の多くの人が未だ大変な思いをしているのではないかと感じました。(中3)


選手全員にメッセージを届けよう!!

 リオデジャネイロオリンピック全選手一人一人の応援メッセージを作成中です。様々な競技や選手についてインターネットを活用しながら調べ、応援メッセージを一人ずつに書いていきます。完成品は縦2m×横6mの大きさになり、選手団にお渡しする予定です。進捗状況は学校日記の中でも紹介します。


つなげよう!!日本選手団へのメッセージ!!

 日本選手団への応援メッセージを1000枚集めて巨大なキリスト像のモザイクアートを作ります。日本人学校の児童生徒だけでなく、交流相手校であるモデル校やリオデジャネイロ連邦大学の学生、日系社会の皆さんにも協力をしてもらっています。完成品は縦1.5m×横1.1mとなり、こちらも選手団にお渡しする予定です。


わくわく昼食会~オリパラスペシャル~

 昼食を食べながら先生が子ども達にわくわくする話をするという取り組みから「わくわく昼食会」という名前がつきました。今年度はすべての教員がオリンピック・パラリンピックに関連したわくわくする話を企画していきます。
第1回(6月)   オリンピック会場と競技

第2回(7月8日) オリンピック開催地について
第3回(7月15日)世界最速の男「ウサイン・ボルト」
第4回(7月20日)オリンピック選手との出会い(スカイプ通信)
第5回(7月22日)金メダルが期待される選手~アジア編~
第6回(7月26日)注目のブラジル選手 
第7回(8月24日)パラリンピック開幕に向けて   



このページの先頭へ


inserted by FC2 system